診療のご案内

脳神経外科

診療内容・特色

脳神経外科では脳出血、脳梗塞、くも膜下出血などの脳卒中、頭部外傷、脳腫瘍などの治療を行います。CT、MRI、SPECT(脳血流測定)などの最新機械を利用して迅速かつ正確な診断のもとに適切な治療を行うよう心がけています。
外来診療で多いのは、頭痛、めまい、手足のしびれ、物忘れなどの症状の患者さんと頭部外傷(頭や顔を打撲した、頭や顔を切ったなど)の患者さんです。救急患者さん(もちろん救急車でなくともよいです)は診療時間外の午後からでも診療いたします。常勤医師2人で診療にあたっていますが、必要に応じて新潟大学病院と連携して治療を行っています。
なお、リハビリテーションのスタッフが充実していますので脳卒中などでは退院後の生活環境に合わせて十分な訓練が行われています。

赤ちゃんの頭の形外来

スタッフ紹介

長谷川 彰(はせがわ あきら)
長谷川 彰(はせがわ あきら)部長
昭和55年新潟大学医学部卒業 医学博士
日本脳神経外科学会専門医
主な所属学会日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本臨床神経生理学会
西山 健一(にしやま けんいち)
西山 健一(にしやま けんいち)地域連携支援部長
平成2年 福井医科大学医学部卒業
平成20年 独国 ベルリン・シャリテー大学病院小児神経外科
平成23年 新潟大学医歯学総合病院特任准教授
資格・所属学会医学博士
新潟市西区自治協議会委員
日本脳神経外科学会専門医
認知症サポート医
日本神経内視鏡学会技術認定医
日本水頭症脳脊髄液学会(理事/第7回学術集会会長)
日本小児神経外科学会(評議員)
World Federation of Neurosurgery (Committee of neuroendoscopy section)
International Federation of Neuroendoscopy (Executive Board, Secretary)

外来診療時間

外来診療の詳細な時間はこちらをご覧ください。