診療のご案内

地域包括ケア病棟

診療内容・特色

地域包括ケア病棟とは

入院治療の後すぐに退院するのに不安な患者様が、在宅復帰や療養に向けた医療、看護、リハビリテーションを行う病棟です。また、在宅療養中に急に入院が必要になった時の支援も行います。
入院期間は60日を限度とし、患者様が回復し、在宅サービスが整ったのちに退院となります。

病棟師長より ひとこと

入院中に自宅や施設に安心して退院ができるようにお手伝いさせて頂きます。入院をきっかけに、生活動作や病状の管理に不安が出てくると思います。患者様・ご家族と共にどのような不安があるのか、どんな解決方法があるのかを考えていきたいと思います。

地域包括ケア病棟師長

対象者
  1. 急性期病院や病棟での治療は終了したが、自宅や施設への復帰にまだ準備が必要な方。
  2. 自宅や施設で療養中に入院が必要になったものの、急性期病棟での治療は不要な方。
  3. 在宅での生活を支えるための入院。
    (医療行為を伴う介護度の高い患者様を看ている家族の方が休息を必要とし、そのため一時的に在宅介護が出来ない場合)
回復期リハビリテーション病棟との違い

地域包括ケア病棟は、病名による制限はありません。患者様の病状に応じて地域へ帰るための在宅退院支援が主になる病棟です。

入院の留意点

一般的な検査や治療は可能ですが、特殊な検査、治療などには対応できません。病状の変化により、主治医が集中的な治療を必要と判断した際は、一般(急性期)病棟に転棟のうえ治療させていただきます。

地域からのレスパイトの受け入れも積極的に対応をいたします

ご相談窓口は

STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
地域連携支援部へ電話連絡の上、情報(※)のFAX送信をおねがい致します FAX情報を基に電話での情報共有 判定会議 入院日決定

※「患者基本情報」と「医療と介護の連携サマリー(入院時情報)」を記載し、地域連携支援部へFAXをお願いします。

地域包括ケア病棟に関するお問い合わせ

月曜日~金曜日 午前9時から午後5時まで
担当:地域連携支援部 チーフマネージャー 落合
電話:025-232-0111(代表) FAX:025-232-1570(相談室直通)