診療のご案内

回復期リハビリテーション病棟

診療内容・特色

私たちは、患者様の御家族様の意見を尊重しながら、適切なリハビリテーションが行えるよう援助します。

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患や整形外科疾患の方、あるいは外科手術や肺炎などの治療中の安静によって心身機能が低下された方を専門に受け入れ、集中的なリハビリテーションの実施により日常生活動作能力の向上を図り、家庭復帰を目指す病棟です。

次に該当する患者様が回復期リハビリテーション病棟の入院対象となります。
  • 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷などの脳血管疾患の発症から2ヶ月以内の方
  • 大腿骨頚部骨折、関節又は多発骨折の発症から2ヶ月以内の方
  • 外科手術又は肺炎などの治療中の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後又は発症後2ヶ月以内の方
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経・筋又は靱帯損傷後1ヶ月以内の方
  • 股関節又は膝関節の置換術後の状態(損傷から1ヶ月以内の方)
回復期リハビリテーション病棟の特色
  • 生活場面において、各種リハビリテーションが実施できます。
    入院されている患者様専用のリハビリテーション室を完備しており、御家族様の目の届く範囲においてリハビリテーションを実施しております。
  • 病棟専属のリハビリテーション職員が患者様へ、365日対応のリハビリテーションを提供いたします。
    理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が病棟に常駐し、患者様の状態を常に把握し、患者様に合ったリハビリテーションの提供に努めています。
  • 多職種でチームアプローチを行っています。
    医師、看護師、介護士、リハビリテーション職員らが協力し、病棟生活において患者様の能力が最大限発揮できるよう情報交換を密に行っています。
入棟相談及び問い合わせ窓口

他院からの転院は、地域医療連携室の職員が担当しております。
現在治療されている病院のソーシャルワーカー等からの相談により転院の調整を進めさせていただいております。
このため、患者様や御家族様による入棟申し込みのための外来受診等は必要ありません。

お問い合わせ時間
月曜日~金曜日 午前9時~午後5時まで

連絡先
地域医療連携室
電話:025-232-1216 FAX:025-232-1246