病院のご案内

データベース事業について

一般社団法人 National Clinical Database(NCD)」への参加について

当院では患者さまにより良い医療を提供するため「一般社団法人 National Clinical Database」に参加することにいたしました。

この事業は、「日本全国の手術・治療方針を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、治療成績の改善を目指すプロジェクト」です。(NCD「本事業の目的と概要から引用」)

当院では2011年1月から、外科専門医と心臓血管外科専医の申請に必要な外科と心臓血管外科の2診療科が手術症例の登録を開始します。

NCDでは前述の専門医に加えて下記の専門医制度を登録対象としており、「今後、他の専門医制度や臨床研究が登録対象となる可能性がある」としています。

現在登録対象となっている専門医制度(2010年9月1日現在)

以下50音順

  • 外科専門医(日本外科学会)
  • 呼吸器外科専門医(日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会)
  • 消化器外科専門医(消化器外科領域については、以下の学会が「消化器外科データベース関連学会協議会」を組織して、NCDと連携する:
    日本消化器外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本食道学会、日本胃癌学会、大腸癌研究会、日本肝癌研究会、日本膵臓学会、日本内視鏡外科学会、日本腹部救急医学会)
  • 小児外科専門医(日本小児外科学会)
  • 心臓血管外科専門医(日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会)
  • 内分泌・甲状腺外科専門医(日本内分泌外科学会)
  • 乳腺専門医(日本乳癌学会)

患者さまには「専門医制度と連携したデータベース事業について」をお読みいただき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

なお、本事業の詳細についてはNCDホームページ(http://www.ncd.or.jp/)をご覧ください。

2011年1月4日
病院長 蒲澤 壮夫

専門医制度と連携したデータベース事業について

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のボタンよりダウンロードしてください。